山崎 THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY

ブランドストーリー

  • 「山崎」、その名の秘密。

    「山崎」の名は、故郷である山崎の地、そして、山崎蒸溜所に由来します。シングルモルトとは蒸溜所のすべてが表現されたウイスキー。 「山崎」には土地と蒸溜所の自信と誇りが込められています。

    堂々たる筆文字は、 「山崎」の生みの親であり、当時マスターブレンダーをつとめていた佐治敬三によるもの。よく見ると、 「崎」の「奇」の部分が「寿」になっていることがわかります。そこには、サントリーの前身「寿屋」から脈々と受け継がれる熱き思いと、ジャパニーズシングルモルトの門出を祝う気持ちが、込められているのです。

    「山崎」が生まれたのは、一九八四年。高度経済成長が一つの頂点を極め、豊かさのものさしが国から個人へと移り変わる時代でした。価値観が多様化する時代には、個性の強いシングルモルトが好まれる。そんな嗅覚を効かせた佐治敬三の、そして、日本のウイスキーの新たな一歩、それが「山崎」でした。

  • 日本人による、日本人のための。

    「酒ちゅうもんは、生きてま。寝かせてみなはれ」口癖のようにそう繰り返していた鳥井信治郎。

    彼が熟成の神秘に魅せられたのは、貯蔵庫に長い間寝かせたままだった樽に目をつけ、その封を解いたとき。信治郎は豊かで華やかな香味に心を躍らせました。歳月がいかに酒を育てるかを強烈に体感し、そして、本格的なウイスキーづくりへの意志を強くしました。

    当時の日本は、近代国家への歩みを一歩一歩進めていた時代。ウイスキーはまだ一般的なものではなく、ごく一部の上流階級にしか手に入らない高価な輸入品でした。もっと多くの日本人にウイスキーを知ってほしい、味わってほしい。信治郎にはそんな願いがありました。

    そして、幾多のブレンドを繰り返し、日本人の繊細な舌を満足させる香味を追求。「断じて舶来を要せず」という志を胸に、日本人による、日本人のためのウイスキーづくりに邁進していったのです。