山崎 THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY

こだわりの蒸溜所

  • 怪物ウスケが喰ったもの。

    「あの建物には、大麦を喰らうウスケという怪物がおるらしい」そんな噂がたっていたのは、山崎蒸溜所が操業し始めたばかりの頃。工場には日々、大量の大麦が運び込まれ、キルンからはただ煙がたちのぼるばかり。建物からは何にも出てくる気配もない。

    それもそのはず、ウイスキーは蒸溜した後、樽での熟成に数年の歳月を要するのです。そんな事情を知る由もない村の人たちが訝るのも、無理もありません。何しろ日本で初めてのことでしたから。

    サントリーの創業者・鳥井信治郎が、山崎蒸溜所の建設に着手したのは、一九二三年のこと。初溜釜と再溜釜、それぞれ一基ずつからのスタートでした。

    蒸溜が開始されてからも、試行錯誤の連続。ピートの焚きすぎで焦げくさくなったり、原料の大麦が底をついて蒸溜を一時断念したり。こうした時を経て、徐々に貯蔵樽は充実し、結果、豊かな香味の個性あふれる原酒が生まれていったのです。

  • なぜ、京都郊外・山崎なのか。

    ジャパニーズウイスキーのふるさとに、山崎が選ばれた理由のひとつは、気候風土。温暖かつ湿潤な環境がウイスキーづくりに適していたのです。

    京都の南西・天王山の麓に位置する山崎は、旧くから京都と大阪を結ぶ交通の要衝として栄えてきました。羽柴秀吉と明智光秀が天下をかけて争った「山崎の合戦」の舞台ともなった土地です。

    山崎は、桂川、宇治川、木津川の三川が合流する地点にあたります。辺り一帯は山に囲まれ、濃い霧がたちこめやすい土地柄。この湿潤な自然環境は、樽貯蔵にとって好条件。木樽の中で眠るウイスキーが、ゆっくり熟成していくのを助けます。

    そんなウイスキーの理想郷を求めて、鳥井信治郎は日本各地を踏破しました。スコッチの製法に倣いつつ、スコッチを凌駕し、ジャパニーズウイスキーを確立するために、あくまで日本的な風土でこだわりたい。その確たる信念が、信治郎を山崎へと導いたのです。

  • 利休も惚れた名水で。

    ウイスキーの品質の鍵を握るのは、水。大麦麦芽を仕込む際に使う水が最も大切です。山崎という土地を蒸溜所に選んだもうひとつの理由は、山崎の水にありました。

    山崎は、水生野(みなせの)と呼ばれた名水の里。万葉の昔から、その山紫水明の景色は多くの歌人に詠まれたほど。名水百選のひとつ「離宮の水」は、いまも尽きることはありません。

    侘び茶を大成させた千利休は、秀吉のために茶室「待庵」を築き、山崎の水で茶を点てました。現在もこの地の竹林の地下に湧く伏流水は、山崎蒸溜所の仕込み水として使われています。

    鳥井信治郎も、この地の水に取り憑かれた一人でした。軟水の中でも硬度が高めで、複雑な香味や重厚なモルト原酒をつくるにはうってつけでした。山崎蒸溜所の職人たちは毎朝、水のデータを集めているのですが、その品質は創業時と変わらないといいます。