BAR業態様 限定

WILD TURKEY © BOURBON

ワイルドターキーの誕生秘話

ハンティングから生まれた伝説のブランド
蒸溜所オーナーのトーマス・マッカーシーはアメリカ原産の鳥「七面鳥」のハンティングに出かける際、貯蔵庫から1本のバーボンを持参。そのバーボンは大好評を得、七面鳥狩りにちなみ、狩仲間1人がワイルドターキーと呼び始める。マッカーシーはそのユニークなニックネームが気に入り、後にブランド名へとなる。

守り受け継がれる独自のポリシー

全ては原料由来の味わいを守るため
  • より低いアルコール度数での蒸溜・樽詰め

    バーボン法が規定する蒸溜時のアルコール度数は80%以下。これに対しワイルドターキーは60〜65%にて蒸溜。また同法が規定する樽詰め時のアルコール度数は62.5%以下。これに対してワイルドターキーは54〜55%にて樽詰めを行っています。なぜなら蒸溜時にあまりアルコール度数が高いと、原材料の持つフレーバーが失われてしまうからです。

  • 豊かな風味を鮮烈に残すため、加水量を最低限に抑える

    樽詰め時と製品とのアルコール度数の差が少ないと、ボトリング時の加水量を最低限に抑えることが可能となります。ワイルドターキーでは、蒸溜、樽詰め時のアルコール度数を低く抑えていることから、加水量が少なく、熟成時に形成される繊細で豊かな風味を鮮烈に残すことができるのです。

  • 1樽から製造されるこだわりの15ケース

    ワイルドターキー蒸溜所ではその独自のポリシーにより、1樽から製造できる製品の数は約15ケース程度。他の一般的な蒸溜所では約20ケース程度が製造されています。蒸溜、樽詰め時のアルコール度数を低く抑えることは製造に掛かるコストは割高になりますが、味と風味を保つためには決して妥協できないワイ ルドターキー蒸溜所の「こだわり」なのです。

  • 妥協しない、変わらない男、蒸溜所責任者ジミー・ラッセル

    私が、バーボンの聖地ケンタッキー州ローレンスバーグの蒸溜所の門をくぐったのは1954年。以来、半世紀を超える日々を「おいしいプレミアム バーボン造り」のために捧げてきました。私のバーボンに対する情熱や愛情は、当時から何も変わっていませんし、おいしいバーボンを造るには、妥協も許されません。

    バーボン業界の「マスターディステラー中のマスターディステラー」

    マスター・ディスティラー(蒸溜所責任者)の実務と役割とは、ご想像の通り、実に繊細で感覚的なものです。私は19歳からこの仕事をはじめましたが、それ以来、年を重ねるにつれ、味覚や嗅覚といった仕事に不可欠な感覚は上がり続けていると感じています。人間は向上するために日々を生き、仕事とは、努力を積み重ね、学ぼうとすることに他なりません。それはどんな仕事、どんな地位にいても同様です。

伝統の製法・厳格な”製造工程”

  • 原料(Raw Materials)
    安全性を満たすものだけを使用
    更にコーンは遺伝子組換コーン不使用

    独自の厳しい基準を設定しており、成熟度、純度、水分含有率、安全性等を満たすものだけを使用します。

    ライムストーンウォーター

    ケンタッキー州を中心としたこの地域の地盤は、ライムストーンと呼ばれる石灰岩層からなっています。そこをくぐりぬけて湧き出る“ライムストーン・ウォーター”はウイスキー造りに適した“マザーウォーター”になります。

  • レシピ(Recipe)
    秘伝のレシピ

    ライ麦と大麦麦芽の比率が高く、他のバーボンに比べてコーンの比率が低いのが特徴。3種の原料には特徴や役割があり、コーンは甘さ、ライ麦は風味を与え、大麦麦芽は発酵に必要な酵素を含んでいます。

    自家製イーストが決め手の発酵

    発酵に使うイーストは、蒸溜所内で徹底管理された自家培養のもので、なんと60年以上に渡って同じものが使われ続けています。

  • 樽(Barrel)
    最高強度の樽焼きから生まれる深い琥珀色とコク

    蒸留されたニュー・ウイスキーは、熟成という永い眠りにつくために樽詰めされます。熟成用の樽には「アメリカン・ホワイトオークの樽で内側を焦がしたもの、一度使用したものは再度使用することはできない」という規定があります。樽を加熱し、焦がすという加工作業によって、木材内部の繊維質等が化学変化をおこし、さまざまな種類の糖分や風味の構成成分に変化していきます。内側を深く焦がされたワイルドターキー用の新樽は、内側の感じがワニの革に似ていることから「クロコダイル・スキン」と呼ばれ、これこそがワイルドターキー特有の深い琥珀色とコクに影響する樽材の風味成分を引き出しているのです。

  • ワイルドターキー 製品ラインナップ

このページのトップへ